徹底的にアトピーを治療したい、酷くさせたくない人へ

原因


気にする

多くの人が悩んでいるアトピー性皮膚炎ですが、これは原因が明確にわかっているものばかりではありません。一番多いのは生まれつき持っている人ですが、中にはやや大きくなってから掛かる人もいます。
基本的に1番大きな原因としては、家族にアトピーを抱えている人がいることです。身内または家族にアトピーの人間がいれば、必然的にアトピーの素養を抱えた状態で生まれる可能性が高いのです。これは子供自身が抱えてくるだけでなく、妊娠中の親が健康であったかどうかが影響してくることもあります。
親が妊娠している間にタバコやお酒をやっていた、もしくは部屋が非常に汚い状態で過ごしていた、食生活がめちゃめちゃだったというようなことがあれば、子供にアトピーなどの影響が出てしまう可能性があります。
このアトピーとは免疫のご作動によっておこりますから、赤ちゃんがお腹の中で成長している間に何か問題があれば、この病気を抱えて生まれてくる可能性が高いのです。他にも、この病気はストレスが原因となってかかってしまうこともあります。
妊娠中にお母さんが過剰なストレスを感じると、その影響で子供が病気になってしまうこともあるのです。勿論ですが、産まれてからストレスを受けてこれを発症する子供もおります。
ストレスは人間の免疫機能を下げてしまう力があります。それによってならなくても良い病気になることもありますし、生活の中にあるなにげないものにも免疫が負けて皮膚炎やアレルギーを発症することがあるのです。